チルったトウフです!

チルばっかりの日常がいい!

【第24話】夢をかけたいのさ

f:id:Chill_Tofu:20210413215415j:plain
ー 第24話 -

今日のチルった音楽は注釈からどうぞ。*1
※この記事は約3分で読むことができます。

この物語の主人公は絹ごしトウフ『チル太』

チル太はiPhoneが4Sぐらいのときに、通称神チャンと呼ばれるバンドで

ギターを担当・演奏していた。

4Sの頃のiPhoneたら、もう。

それは世界を獲る覚悟と、その準備ができた端末であったのだ。

f:id:Chill_Tofu:20210413213146j:plain

電話をしてこない人からの電話というのは、

最初にもしもし以外で始めることができない。

この日もそうだった。

チル太さん! おれ、社長になりたいんです!

技術顧問として率直な意見を教えてください!

まっすぐで心地よいぐらい勢いの乗った言葉を発したのは、

チル太の後輩である、めんつゆだ。

彼は絶妙におバカだ。

f:id:Chill_Tofu:20210413213330j:plain
自然に笑える『アイツ』です

とても気のいい奴で、やることなすことなんとなく納得してしまう。

愛されてウン十年のおバカさんだ。

彼のお気持ち三本柱はこれだ。

  • 『社長になりたいです!』
  • 『会社の社員は決めてるんです!』
  • 『事業は、わからないっす!』

自分が子を持つ親になる気持ちを味わえる、新感覚アトラクションである。

f:id:Chill_Tofu:20210413213442j:plain
もう、こんな感じです。補助よ補助

チル太)

何がしたいか決まってないのに、どういうことだよ。

会社ってのはなぁ、、、。

決まって大人にさせられてしまうが故、定型文を言ってしまいたくなる。

だが、しかし!

今回は少し違ったのだ。

めんつゆ)

音楽のサービスで会社つくりたいんですけど、どう思うか知りたいっす!

技術顧問として意見、聞かせてください!

音楽で大切にしたいことを、ちゃんと助けなきゃだめだろうに

彼が考えているサービスはこうだ。

数多ある形式で出来上がっている曲をドラッグ&ドロップで

ボーカル部分のみ抜き出し、プールされている歌詞を混ぜる

そんなサービスだ。

チル太)

うーーーーん。

サービスの内容よりも、

何故めんつゆがこのサービスをしたいと思ったかが大切だと考えたチル太。

f:id:Chill_Tofu:20210413213616j:plain
大切なことって見失いがちです。よね。

何を隠そう、チル太は音楽に浸かり続ける毎日を過ごしたトウフである。

音楽を想う気持ちは、他の大豆製品の中でも一番だ。(自称)

需要とかもあるけどさ。なんで音楽サービス?そんな好きだっけか

自然と口から出てしまった。

【考えるよりも先に行動!】

f:id:Chill_Tofu:20210413213711j:plain
行動あるのみ!!そりゃ、そうなんだけどね。むずかしい。

と謳うベンチャー社長2年目よりも、それは早かった。

めんつゆ)

音楽がヒットするのって、いまじゃSNSがほとんどじゃないですか。

ITの力でその偶然を作れるアプリが出来たらいいな、って思ったんす!


そう、そうじゃなかった。

ただただ、理想だと思っているのかもしれない。

音楽で食うことは偉大なのだ

誰からもそんな言葉、言われたことはないが、胸でじーんと響いた気がした。

それってカネになるの?

大人になるってこういうことなんだ。と。

チル太は絹ごしの胸をノックして、ちょっと待ってよと伝えた。

めんつゆ)

最初は考えてないっす。というか、、わからないっす!

大好きなメンツで会社を興すこと。

それはサークルじゃないんだぞ。と。

下手したらインカレでバンバン回しているサークルに負けているぞ。と。

そのサークルが興行なんかやってる日にゃ、負けが目に見えるぞ。と。

本当にそこには、情熱があるって言えるのか。

心はHOTに。

演奏はCOOLに。だっ!

そう、

うまくいったり、自分が納得したりすることには、

いくつかの自分をメタ的に制御出来ているときだろう。

f:id:Chill_Tofu:20210413213905j:plain
テュビテュビテュビテュビ

チル太)

たしかにその事業は面白そうだな。いろんなことが考えられてウキウキだ。

発言を受けてすぐに否定するような

くちすっぱいトウフにはなりたくないチル太。
※いまどきそんなやつ、いるのかな。

チル太)

でも音楽に大切なのは、クリエイティブを想うこと。

そして何より、音楽への情熱だ。

チル太は、音楽というコンテンツを馬鹿にされたようにも思えてしまったのだ。

頭の中でこれが再生された。
※転載ですいません。
www.youtube.com

表現の誇張かもしれないが、

好きなことで食うことの難しさを、暗に教えられたのだ。

夢を駆けたいし

夢に賭けたい

夢が欠けても

夢を架けられたら

変わるんだろうになぁ。

『次回予告』

夢をかけるって大変なことですよね。

ロマンもあれば、絶望もある。

見えないということが、自分を助けてくれると思いきや、

そればっかりじゃダメなんですね。

www.youtube.com

*1:今日のチルった音楽はこちら!

【0と1の間】構想中の脳内しか勝たん。

f:id:Chill_Tofu:20200818182004j:plain

今日のチルった音楽は注釈からどうぞ。*1
※この記事は約3分で読むことができます。

普段書いているチル太の話とは、隣の世界線にある、ネギ太の話をしよう。

※チル太とは、絹ごし豆腐のことだ。(よかったらみてね!)

後輩の披露宴で流す余興動画を制作することとなったネギ太。

ゆっくり発音して、聞いた言葉すべてを頭に入れようとすれば

たいそうなことに聞こえるが、そうでもないはずだ。

ただ、他の友人たちよりにも負けないぐらいに誇らしいと思ってもらえるように。

そんなコンテンツをつくりたいと。

寝る前に考えれば、聞こえ以上に情熱や他感情がたくさん入る一大イベント。

それが、結婚式&披露宴である。

その情熱が『燃料』じゃないことを願う!


2020年9月。ネギ太が身を投げ出しているこの業界は、ただいま繁忙期である。

元々やっているタスクのほとんどが、成果物納品だ。

個人事業主とやっている方々も多く、どこで仕事をしても良い風潮はある。
※その分、いろんなことがゆるく、また妙にきびしかったり。一部ではヤクザ稼業ではないかと言われてたりもする苦笑

仕事は消化しても溜まるスピードのほうが速かった。

f:id:Chill_Tofu:20210408170902j:plain
仕事は減らない。それ常識。。。いやだ!

そんななかでの余興動画のはなしだ。

快諾以外ありえない!直ちに前ならえの姿勢をとったのが、つい先日である。

やりたいことより、やれることから少しずつ。

先頭立って戦うのは、ネギ太。

撮影もカット割りもセリフも。どういう編集をかけるのかも。

イメージを伝えることも。

ぜんぶ先頭に立つ、『監督』の役割である。

f:id:Chill_Tofu:20210408171045j:plain
この格好は、喜劇さっ!

当然ながら手が足りない・思考が足りない。

なので、一緒に作りたいことの主張を出しまくり、

助けてください!!精神でチームを編成した。

じゃあ、セリフ読み合わせしよっか。  (右往左往)

決められた茶番の、寒いセリフをいうこと。

それは全員が恥ずかしいことなんだろう。

ただ。ここで

セリフ作ったぼくが一番はずかしいぃー!(もじもじ)

そうやろうかと思ったが、これをやっちゃあだめだと。

あくまで『監督』だぞ。と。

奮い立たないココロに、カフェインをぶちこんで狂わせた。

f:id:Chill_Tofu:20210408171549j:plain
コーヒー中毒のかた、集合ー!!

まずはシーンの説明と、キャラクターの説明から。

どういう風にしてこのドラマ(茶番)が始まり、そして終わるのかについて、

金ない時こそ胸を張り、話した。
※どこかのラッパーの精神がいま、乗り移るっ!(苦笑)

太陽がもう『朝』じゃないよ、それ

撮影場所はなるべく絞ることにした。

理由は3つ。

  • 音声入力のしょぼさ
  • 機材の少なさ
  • 撮影内容が、【撮れ高<恥ずかしさ】になってしまう

どこまでいっても編集するのは自分なんだから、首がしまらないように。。。

と、考えながら選択肢をある程度絞っていくことにした。

『それ、編集でどうになるよね!』は、悪魔のささやき。

記事の中盤ですが、ここでメンバーのご紹介をいたします。

ネギ太

監督!!

先輩(男)

楽しいこと大好きさん。
比率の兼ね合いと、地域性を出すためにキャスティング
ギャグ○

同期(女)

新婦の親友。
メインキャストとして、セリフの数も多く設定していたが、
撮影当日に配役を変更した。(当日スピーチがあるとかなんとか)

後輩(女)

主役。
動画映えする演技派を採用!普段見せている小悪魔演技にも期待。

後輩(男)

何にも期待されていないおバカキャラさん。
キャストのあっため役に期待してキャスティグ笑

ネギ太彼女

映像アドバイザー。
普段、映像コンテンツにまみれているため、アドバイザーとして参加。
+撮影補助

現地で集まって、ガツガツ撮影していったのは以上のメンバー。

突然ぴりつく現場。そして、伝説へ・・・(嘘)

ある程度読み合わせをし、部屋の中での撮影にキリがついたため、

昼食をとることに。

動画内でのフックとして、

飲食店にいた痕跡を道具を使って残す必要があったため、

新郎新婦がよく食べに行っていたつけ麺屋にいくことになった。

ここで、だれも気にしていなかったことで問題がおきる。

撮影開始も少しだらけた+ゆっくり昼食をとりすぎた結果・・・

【太陽の出方】がかなり変化したのだ。

動画内での設定は、『朝』だ。

朝じゃなきゃ意味がない設定になっているのだ。

設定はこうだ。

結婚式当日に婚約指輪をなくした『新婦』は
地元の友人に相談することに・・・

f:id:Chill_Tofu:20210408171930j:plain

結婚式の朝にこんな大変なことがあったんです。

事件は朝なのだ。

そう、いわゆる『肝』だ。

気付けば昼すぎ。

あと2時間しないぐらいで月もばっちり見えるようになる。

そんな具合だ。

仲良しグループに、平気でカチコミ!

映像アドバイザーとして入った、ネギ太彼女。

バリキャリではなく、どちらかというとオタク気質あふれる感じ。
※イメージの対比がこれでいいのかは、さておき。

ネギ太彼女)

ねぇ。このカットいる??1ショットで十分じゃないの??

どうも、素人なもんで。。素材の撮り忘れが怖くてですねー。えい!

ネギ太彼女)

いやいや、いらんだろ。邪魔になってるしさ。

f:id:Chill_Tofu:20210408172218j:plain

あきらかにイライラし始めている。

そう。先述した『太陽』の件は、彼女以外気にしていなかったのだ。
※みんな素人から始まるんだよね。外で撮影するの恥ずかしくて楽しいっす!!

もう、このコミュニティで10年ぐらいたのしいことを共有している。

そんな中にカチコミ!!

大切なのはコンテンツだ。

誰のためなのかを言わずもがな問われた気がした。

この瞬間から背筋が伸び、演技への熱を加速させる起爆剤に。

クランクアップでーす!!!

気付いたら夜。

叫ぶなと言われている集合住宅・一人暮らし・OLの家

『クランクアップでぇーーす!!!』

使ったことない言葉を使うのは、やっぱり恥ずかしい。

これから待っているのは、そう、、編集の闇だ。

『次回予告』

わからないことだらけの撮影は無事終了!

撮れている内容が、うまくいっているのかなんてわからないよね。

自分の感覚をアウトプットすることの難しさをより考えさせられました。

トホホ

※次回こそ、オチまで説明します苦笑
www.youtube.com

*1:今日のチルった音楽はこちら!

【第23話】またここからはじめよっか

f:id:Chill_Tofu:20210406185842j:plain
今日のチルった音楽は注釈からどうぞ。*1
※この記事は約3分で読むことができます。

この物語の主人公は絹ごしトウフ『チル太』

散歩をする余裕もなく、半年が過ぎた。

チル太は来る日も来る日も、決断に追われ続けていた。

『人は1日の決断数には、限界がある』というが、トウフには、、、
実質あったのだ。

オーバーヒートしたトウフ(湯せん)は、永眠していた。

トウフが崩れる=煮崩れ=絶望 ダッ!

料理って人生。トウフにもココロはあるんだから、不機嫌になる組み合わせあるでしょ??

ガタンガタン…ガタンガタン…ガタン

トウフの朝はふつうだ。

都内在住というには言い切れない。

でも、郊外というには少し違う街。

よくある 朝。

少し遅い出勤ラッシュに揉まれながら

いつもの乗換駅で、同じようなメンツで外に吐き出され

木綿豆腐さんの固さを見て、身が崩れそうだ。

f:id:Chill_Tofu:20210406163351j:plain
隣のひとって丈夫に思えますよね。

チル太

隣の木綿にがり多いんじゃあないか?

そう、彼はトウフのチル太

【ご紹介】
生まれ故郷:大豆畑が広がる雪国
いま:live in 江戸!!

もちろん絹ごし豆腐だ。
※種類だけは決して間違えてはいけない。

(ヘッドフォンから漏れる音)
どうしたって!消せない夢も!止まれない、いまも!

隣のリーマン)
おいっ!兄ちゃん!
いくらなんでも径がでかすぎて音が漏れてるぜ。

チル太は、音質にはこだわっていたいトウフだ。

変なイコライジングで味付けされるのが大嫌いだ

だから電車の中でもモニター用のヘッドフォンをつけているのだ。

低音は大きな音になればなるほど、細かいフレーズまでよく聞こえる

と、どこかの雑誌に載っていたことを、頭に。

チル太はずっと音楽の中にある、何かを見つけにヘッドフォンをつけている。

【急募】飛び乗った電車が逆方向だったときの事象に名前ください

誰かとの予定で、比較的遅れちゃいけないってときに限ってやらかす。

あーん、もうっ!!ちこくちこくー!!

f:id:Chill_Tofu:20210406162546j:plain
お探しの『日本の遅刻』は、こちらとなっております。

ではない。

ただ、立ち尽くして、アナログに存在しているマップや標識に目を移す。

そして、そんな事象が多発すると、自分が

『何かの病気』なんだって思いこむことがある。

でもそれは、『病気』という呼称しやすい何かに変換しているだけだろう。

そう、彼は要するに『おっちょこ可愛いトウフ』なのだ

人は何かにつけて病院にいく。

それは、不安の正体を確認しにいくのだ。

だが、ふと考えなおしたり、意図的に忘れてみたりすれば

どこかに消えてしまうことがある。たとえば、こんなことだろう。

  • みんなで鍋をつつき合って沈んだ、砕けた『トウフ』
  • やりたくない勉強の『やりたくない』という感情
  • 周りからの低評価と自己評価の高さのギャップ

チル太は、すんとした顔で、どこにも焦点の合わせていないまま、携帯を出した
f:id:Chill_Tofu:20210406165308j:plain

チル太)
へい、しり!! 代わりに上司に連絡してくれ!

もしも、Siriともっと仲良しだったのなら、、、

叶えてくれたたくさんの未来を想像しながら、Siriの反応の無さ悲しくなった。

Siri)
すみません。よくわかりません

毎年消えていく日々は、季節よりもガラッと変わるんだ。

時に『昨日』を思うと、それがもっと遠い日だったかのように思うことがある。

必死になって聴いていた『K-POP』。

その波は、サーファーならいますぐに飛び込むほど喜ぶほどの高波だった。

高波にぶつかっていく、荒手のサーファーがここにいた。

そう、彼はトウフのチル太

チル太

こやつが、してよパ!?!?(J.Y.P)

思い返せば、日本に流入してくる海外ポップスの大半は、

受け入れ易い『J-POP畑の楽曲』だと言っても過言ではない。
※本来はおそらく逆の意味でとらえる方が普通なのかもしれない。

f:id:Chill_Tofu:20210406170832j:plain

日本のマーケットに合わせていたのか、

売れ線ジャンルがある程度、固定されていたのか

気が付いたら私たちは、

決まったレール決まった音楽主食としていたのだ。

お口にあいませんでしたって、箸で突き返します??普通

新しいづくしの季節だ。

『新しいづくし』が日々の楽しみだと思うのが『春』だろう。

トウフ界にも感染症がまん延し、いまじゃトウフもマスクをする時代。

これも新しい。

プロデューサー主体のオーディション番組。

ここまでPがフィーチャーされているのも、新しい(?)
※オーディション番組隆盛期を見返せばたくさんあるだろうが、口をすぼめる

f:id:Chill_Tofu:20210406181809j:plain
駆け上がる人たち

日本語でしゃべる海外P。新しい。

いつかのコント番組のようで、なつかしい。

そして章の最終話を前にして、いなくなってしまう主人公。新しい。

『次回予告』

早く大人になりたいって思う事、いまでもあります。

カラダだけが大人で、中身はまだまだ。

子どもを持った時に初めて、大人として『一人前』になるという人もいるかと。

最終話の助走として、いくつかお話を入れていきます!
ぜってぇ、みてくれよなっ!

www.youtube.com

*1:今日のチルった音楽はこちら!